読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imash の日記

imash's blog

 映画感想メモ

この2週間のアメリカ2往復の機内で見た映画リストと簡単な感想:


スター・トレック イントゥ・ダークネス:設定を知らないと訳が分からない。面白かったけど、いろいろと訳が分からなかった。あと、これは大画面+3Dで見ないと駄目な作品ね。

華麗なるギャツビー:ヒロインの男を破滅に追い込むキュートさが凄い。日本語訳は村上春樹の翻訳だそうで、村上作品初挑戦には丁度よいかな?

アンコール(Song for Marion):音楽映画の王道をいく、もう実にワンパターンな映画だが、泣いた。号泣した。

アップサイドダウン 重力の恋人:これも実にワンパターンで設定勝負なSFだが、神秘的なシーンも多く楽しめる良作。

ハング・オーバー!!! 最後の反省会:最初のキリンのシーンが笑えたので期待したが、クソつまらなかった。でも最後まで見てしまった。。。

バガー・ヴァンスの伝説:スポーツ映画の王道をいく、もう実にワンパターンな映画だが、おもしろかった。ウィルスミスの声がぞくぞくしてよい。

ローン・レンジャー (途中で止めた):クソつまらなすぎて見てられんかった。

42 〜世界を変えた男〜:黒人初のメジャーリーガーとして有名なジャッキー・ロビンソンの伝記映画。ジャッキー・ロビンソンが成功したのは単に運動能力に優れていただけではなく、知性があり、ジェントルマンとして振る舞えたことが大きいのであろう。良作。あと、ハリソンフォードの演技がすばらしい。

スタートレック リメイク (途中で着陸):途中までしか見ていないが、これもなかなか難解そうであった。カークとスポックの次回作へつながる性格描写がよい。