読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imash の日記

imash's blog

夏になれば

冬ですが、

伊藤整の詩に多田武彦が曲をつけたこの歌は、
まぶたの中にその光景が浮かぶようで、
何故だか時々聴きたくなります。

夏になれば/伊藤 整

  夏になれば みな浴衣で涼み 
  川すぢの祭には 華やかな灯がつく


  あそこの家にゐて
  何か寂しいときも 夜ねいる布団の襟にも
  お使にあの坂道を下るときも
  あなた自らさへ気づかずにつくる
  あの笑顔の幸福さをなくしないやうに。


  いつも鳩のやうに胸ふくらませて、
  たまさか街で逢へば
  何となく笑ましげに挨拶する、あの素直な美しさを
  生涯失はないやうに。


  私はそれのみのために、
  嫁ぐ日になつても
  母となつてまでもの
  あなたを 心から祝福しよう。


  街では誰もありがちな事だが
  この世を私もしんじるために
  あなたの笑顔にだけは不幸がうつらないやうに。