imash の日記

imash's blog

木更津キャッツ

録画してあった、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ木更津キャッツアイ 日本シリーズ」を見る。クドカンの作品を見るのは「真夜中の弥次さん喜多さん」につづいて二作目。


一言で言うならばジェットコースターのような作品。テンポもやたら速いし、設定も現実性というものをあえて排除しているのではと感じるくらいめちゃちゃ。時間も行ったり来たりを繰り返したりしてて、今まであまり見たことのない種類の作品。キャラの設定と使い方が絶妙だった。テレビドラマ版を見ていないけど、楽しめた。くだらなすぎるのであえて詳しくは書かない。怪獣ゴミンゴって。。。


おもしろかったけど、あえていうなら、もう少しディテールにこって欲しいなぁ、と思う。「最近の実写映画は汗をかかない、汗をかかせるのが難しいアニメでは逆に汗をかいているように見せるいろいろな努力をしているのに、実写とアニメのリアリティが逆転している。」というような記事をどこかで読んだが(調べたら記憶と内容はだいぶ違ったけどここにあった。鈴木敏夫と押井守の対談)、汚れとか汗とかそういうところの表現はちゃんとして欲しい気がした。映像としてあまりにも安っぽすぎるというか。。。