imash の日記

imash's blog

初日

論文読みながらネットで相撲観戦。読んでると言うより眺めてるだけだが。


若の里−豊の島
この番付なら優勝してもおかしくないポパイ若の里と、幕内で一番背が低いスピード相撲の若手豊の島。豊の島粘るが結局何もさせてもらえず、若の里の圧勝。早く定位置にもどって大関候補復活となってもらいたいものです。


○十文字−朝赤龍
朝赤龍腰が低いなあ。十文字も腰が低い方だと思うんだけど、下からしたから押し上げられて結局腰が浮いちゃったね。決まり手は寄り倒しってなってたけど、呼び戻しっぽいかんじで豪快に土俵にたたきつけられた。


琴奨菊−○春日王
若手琴奨菊と、韓国出身春日王春日王って魁皇にあこがれてるってどこかで読んだけど、強引な小手投げとか、勝ったり負けたり気まぐれなところがだんだん似てきましたな。一回目呼吸が合わず。春日王、勝負審判にぺこぺこ謝る。ウルフか?ウルフがいたのか?((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル。


白鵬北勝力
先場所優勝を争った二人。
白鵬圧勝!!すばらしい立ち会い。早いし腰も低いし。


安馬魁皇
この取り組みも物言い。ちょっと物言い多すぎ。結局行事差し違えになったけど、相撲的には魁皇が圧倒してた。安馬が軽すぎて魁皇飛び出しちゃった感じになった。この感じだとまだまだ魁皇は相撲取れますな。


千代大海黒海
突っ張り対決はあっさりはたき込みで決まり。千代大海は「引くタイミングを知っているのは俺だけだ」と豪語しているらしいが、引かなくていいから押してくれ。。。


栃東露鵬
先場所は押っつけの教科書のような芸術的な相撲で栃東の勝ちだった。今場所も露鵬はかなり低い立ち会いで挑んだ。先場所は途中で耐えきれなくて引いちゃったけど、今場所は最後まで粘ったが、結局押し出される。露鵬はおそらく栃東の相撲をなんとか取り入れようとしているのでしょう。負けても勉強。