読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imash の日記

imash's blog

陪審員

テレビでデミ・ムーア主演の映画「陪審員陪審員 [DVD])」を見る。副音声で見たのでほとんど何言ってるか理解できなかったのだが、不思議なことにストーリはちゃんと理解できた。
殺人事件の陪審員に選ばれた女性が、犯人グループに「子どもを殺すぞ」とおどされて判決を無罪にしてしまうというストーリ。陪審員制度は本当に大丈夫なんだろうか?と考えさせられる作品。
まず第一に、陪審員に選ばれたときの身の安全は保証されるのだろうか?簡単に身元が割れてしまうようでは、暴力団がらみの事件なのでは危険極まりないと思う。
次に、判決を自分の思い通りに押し通すことが意外と簡単に出来てしまうのでは?という点がある。他の人が疲れてしまうまで自分の意見を主張し続けると「もうそれでいいよ」となってしまうのは日常生活でもまれにあることである。