読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imash の日記

imash's blog

義経

司馬遼太郎の「義経(義経〈上〉 (文春文庫))」を読む。久しぶりに長編小説を読んだので、ぐったりしてしまう。

この小説、中学生の時に一度読んだような気がするのだが、全然記憶と違った。記憶の中では義経はもっととんだりはねたり非人間的な動きをするのだが、ここで描かれている義経像はそういう超人性はいっさい排除されている。なので、五条大橋の決戦も、八艘飛びも出てこない。逆にそういう伝説性をなくして人間義経を合理的にかつ緻密に描いている。

ちなみに3年ほど前にも読もうと試みたのだが、上巻の四分の一ほど読んだところで間違って洗濯機に落としてしまい、それに気づかずにそのまま洗濯し、結局紙屑となり断念したことがあった。

来年の大河原作は宮尾登美子版(義経)なのでこんどはそっちも読んでみよう。