imash の日記

imash's blog

映画

シルクロード・アンサンブル

映画「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」(原題:The Music of Strangers)を見た。 ヨーヨー・マのシルクロードアンサンブルには世界中の様々なジャンルの著名音楽家が集まっている。彼らは、イランやシリアのような紛争地域の出身だったり、子供のころ中…

沈黙

沈黙ーサイレンスーを見た。マーティン・スコセッシ監督の映画は「ヒューゴの不思議な発明」以来だが、全然違う種類の傑作。日本の映画界では作られなくなった本格時代劇を見れた。フェレイラの言う「キリスト教は日本にきて得体の知らないものに変わった。…

その他2016年後半に見た映画

RONIN:ロバート・デ・ニーロとジャン・レノ主演の映画。まあまあおもろかった。ヴァンサンという名になんか聞き覚えがあるんだけど、昔見たことあるのかな?古い映画だからその可能性はある。2016.11.5 ダ・ヴィンチ・コード:やっと見た。面白かったけど、…

アメリカ往復中に見た映画

シカゴ経由でボルチモアに行ったわけですが、今回は行きも帰りも飛行機で仕事していたのであまり映画を見ていない。行はANA運行だったのでただでプレミアムエコノミーにしてくれたのですが、帰りはユナイテッドの運行なのでお金払ってプレミアムエコノミーに…

盆物最新作

ボーン・シリーズ最新作のジェイソン・ボーンを見てきましたよ。前三作を一気見した後だと、さすがに飽きますね。もうボーンには守るものがないのですよね。3作目あたりからもうイマイチつまらなく思えてきてはいたのです。アクションもキャラもストーリーも…

ボーン・シリーズ

ボーン・シリーズ一気見記。 ボーン・アイデンティティー ボーンシリーズ最新作が上映されているので、シリーズ第一作を見てみた。記憶を無くした男の話だけど、俺の記憶もなくなっていた。どうも見たのは間違えなさそうなのだが、断片的にしか覚えていない…

EIGHT DAYS A WEEK

先日、映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』を見た。 ビートルズの存在は、音楽的に新しいかどうかはもはやどうでもよくて、その存在、行動、発言が事件であり歴史だったということがよくわかる。人種差別の残る場所での公演はしないとして会場での差…

「合葬」

映画「合葬」を見た。 なんだか気持ち悪い感じで原作の空気感が台無しだと、見ているときは思っていた。しかし、改めて原作をパラパラめくってみると、あまり気持ちの良い作品ではなかった。どうも記憶の中で「閑中忙あり」と混じってしまっていたようだ。 …

最近見た映画

シークレットサービス:そんなに面白くもなかったが、しぶいね。 コクーン2:しょーもなかった。 007ダイ・アナザー・デイ:最初、古臭いなぁと思ってみていたが、盛り上がった。

アメリカ巡業中に見た映画

Love & Marcy ビーチボーイズのブライアンウィルソンの伝記映画。 今までビーチボーイズの音楽が特に好きというわけでもなかったわけだが、 この映画を見て特に好きになるというわけでもなかった。 ただ「神のみぞ知る」がとてつもなく良い曲だということは…

 映画感想メモ

この2週間のアメリカ2往復の機内で見た映画リストと簡単な感想: ・スター・トレック イントゥ・ダークネス:設定を知らないと訳が分からない。面白かったけど、いろいろと訳が分からなかった。あと、これは大画面+3Dで見ないと駄目な作品ね。・華麗なる…

硫黄島

硫黄島からの手紙を見てきた。 ドキュメンタリーのように、泣かせるでもなく感動させるでもなく淡々と時が進んでいった。 人と言動を丁寧に描くことで戦争を描こうとしたのだろうか。 一体誰と戦っているのか?何故、何のために戦っているのか? 栗林中将と…

 一枚の写真の重み

「父親たちの星条旗」を見てきました。 まだ、「つらかった」としか感想は書けません。 時間が出来たらその意味をゆっくり考えたいと思います。 見に行っていない人は是非見に行くべきでしょう。 もうそろそろ終わっちゃうし。

瞬間の記憶

先日久しぶりにシアターキノに行ってきた。 そのとき見た映画は最悪だったが、貰ってきたビラに一つ気になる映画があった。 アンリ・カルティエ=ブレッソンという、天才写真家を追った 「瞬間の記憶」というドキュメンタリー映画(http://www.longride.jp/h…

ゲドだけど2

ゲド戦記に関して、原作者の感想が公開されたようです。 Gedo Senki: http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html 色んな人が「原作者が映画とジブリを批判した」かのような書き込みをあちこちにしていますが、 果たしてそうでしょうか?ル=グウ…

ゲドだけど

映画の日なので悪評高い「ゲド戦記」を見てきました。 もはや、悪評というより単なるバッシングなのですが・・・私は楽しめましたよ。 というより、この作品好きです。淡々と進む割にはテンションが高くて、緊張感がありました。 今はぼろくそに言われてても…

コング

昨日、O東邸でキング・コングのDVDを見る。自分は以前に劇場で見たのだが、かなりおもしろかったのでもう一回見たいとずっと思っていた。そういえば、劇場で見たときにブログになんにも感想を書かなかったけど、何かメモは残した気がして家で探したら、…

アチョー、あちっ!!

夜に録画してあった「少林サッカー」を見た。前に一度見ているのだが、あまりのばかばかしさに、また笑ってしまった。でも、あの女の子が厚化粧して出てくるシーンはちょっときっついな〜。ちなみに前に見たときは、ホテルの有料チャンネルで見た。ええ、私…

木更津キャッツ

録画してあった、「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」を見る。クドカンの作品を見るのは「真夜中の弥次さん喜多さん」につづいて二作目。 一言で言うならばジェットコースターのような作品。テンポもやたら速いし、設定も現実性というものをあえて排除して…

二度目

映画の日、と、いうわけで、なんと「ニューワールド」2回目見てきました。 今回は15人くらい入ってたかな?どちらにせよ早々に興業打ち切りなのは間違えないでしょうね。興味のある方は早めに見に行った方が無難でしょう。 ポカホンタスの伝説って自分は…

頭じんじん

メンズデイということで「ニュー・ワールド」という映画を見に行く。 シネマフロンティアで自分の他にはカップルが二組とおじさんが3人だけのがらがら状態。まあ、全く話題になっていないからしょうがない。自分も数時間前まで存在すら知らなかった。何故見…

ブラス

録画してあったブラスを見る。 閉山か存続かで揺れるイギリスの炭坑町での、炭坑バンドを描いた映画。ヒロインのグロリアがバンドを訪れた時に最初に演奏する曲、ロドリーゴのアランフェス協奏曲。炭坑の現実をイメージさせる悲しい曲調から始まる。そこにグ…

恐竜さん三III

録画してあったジェラシックパークIIIを見る。 つまらん。 もう監督はスピルバーグでないんですね。全然ショッキングなシーンが無い。恐竜もちょっと出し過ぎ。インフレ状態。 脇役は容赦なく死んでいくけど、ちょっとわかりやすすぎて、気の毒。少年と一緒…

耳をすませば

宮崎駿の作品で一番好きなのは?と問われれば「ラピュタ」と答えるが、ジブリ作品で一番好きなのは?と問われれば「耳をすませば」と答える、大好きな作品です。DVD持っているのにテレビ放映を見てしまいました(しかも録画した)。 なんでこんなに好きなの…

ぞーろぞろぞろ

テレビでマスク・オブ・ゾロを見る。あまりたいした感想も無いが、初代ゾロがやたらかっこよかった分、2代目の駄目っぷりが結構際だっていた。アントニオ・バンデラスのファンの人にはどうだったんだろう? あと、宿敵(何故彼らが敵同士なのかはイマイチよ…

コレクター

テレビで「コレクター」を見る。最初の方で、色々刑事が出てきて挨拶とかしているそシーンで、「たぶんこいつ犯人だろうな〜」と思っていたら、最後本当に犯人だった。でもそこへの伏線はほとんどない。「インザカット」を見たときと同じく、感想は「酷い脚…

スウィング

テレビでやってたスウィング・ガールズ()をみた。前にテレビのドキュメントでクランクイン前の4ヶ月の合宿の様子を見たのだが、本当に4ヶ月であんなに演奏できるようになるもんなんだ。。。映画の演奏は結構ちゃんとさまになっててかっこよかった。最初…

シャア

「逆襲のシャア()」を見た。「はあ?」って感じ。最後どうなったんだ?隕石は地球に衝突しなかったけど、なんでなの?アムロとシャアは死んだの?監督の富野さんは、死んだとおもってくれてかまわないとなにかのインタビューで答えたらしいけど、あの状況で…

ラッシュアワー

テレビでラッシュアワー()を見た。びっくりすることに、ジャッキーチェンの映画を見るのは始めて。凄いおもしろいというわけでもないが、そこそこ楽しめた。クリスタッカーの早口英語はほとんど何いってんのか分かんなかったがジャッキーとのからみになると…

バレエ

ロバート・アルトマン監督の「バレエ・カンパニー()」を借りてきて見た。ストーリーはよく理解できなかったが、ダンスのシーンはきれいだった。ドキュメンタリー風の作りになっているので明確なストーリーは無いのかも。アルトマン監督の作品を見るのは「MAS…

 未知との遭遇

録画していた「未知との遭遇()」を見る。1977年の作品。原語で見たのだが、ほとんどセリフが無かった。たまにセリフがあってもスペイン語とかフランス語が早口で入り交じって全く聞き取れず(っていうか今までに聞き取れた映画があるのか。。。)。なので…

アポロ13

本を読んでいたら唐突に「アポロ13()」を見たくなったのでTSUTAYAで借りてくる。トムハンクス痩せてるなぁ…。映画としては良くできているのだろうが、そんなにおもしろいとも思えなかった。何でだろう?主人公が何かかっこよくない。同じドキュメン…

ニューホープ

今日はメンズデイ。というわけで、スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐()を見てきた。シネマフロンティア7番シアターで客入りは3割くらい。字幕版の時間に間に合わなかったので、吹き替え版を見る。冒頭の説明がいきなり日本語で流れるのでちょっと…

おーこわ

宇宙戦争()を見る。雑誌とかの評判はかなり悪いが、かなりおもしろい映画だと思う。パニック映画を作らせたらスピルバーグは天才だね。ジョーズとジェラシックパークとETを足した感じ。これほど緊張を強いられる映画はなかなか無いと思う。ジェラシックパ…

弥次喜多

シネマフロンティアで「真夜中の弥次さん喜多さん()」を見る。 ほぼ満席。初めから終わりまでくすくす笑いが絶えなかった。

メン・イン・ブラック2

メン・イン・ブラック2()をテレビで見る。これも副音声で見る。もう早口で人名以外はまったく聞き取れず。でもストーリは分かってしまうからホント不思議。

陪審員

テレビでデミ・ムーア主演の映画「陪審員()」を見る。副音声で見たのでほとんど何言ってるか理解できなかったのだが、不思議なことにストーリはちゃんと理解できた。 殺人事件の陪審員に選ばれた女性が、犯人グループに「子どもを殺すぞ」とおどされて判決…

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人()を見に行く。最初の30分くらいは鳥肌がたった。主演の女優さんがすごいきれい。2時間半はちょっと長いな〜。おすすめ。

ロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメントを見に行く。アメリ()が自分の中では歴代トップ10に入るおもしろさだったので、すんごい期待していったのだが、かなりがっくり。最後、あれはハッピーエンドなんだろうか?本当にあれでいいのか???

あきれサンダー

アレキサンダー()を見に行く。オリバーストーン、だんだんつまんなくなっていくね。見終わってどっと疲れる映画。アレキサンドロスとヘファイスティオンがホモっぽいという話は知っていたが、ここまで露骨にやられるとちょっと、という気が。バビロンの美…

マイブーム

今、相撲がマイブーム。 テレビで「シコふんじゃった。()」 の再放送があった。この映画を見るのは、たぶん3回目くらいだが、何回見てもおもしろい。

ローラー・ボール

ローラー・ボール()という映画をTVで見る。 近未来を舞台に、‘ローラーボール’という残酷なスポーツ競技の裏で繰り広げられる陰謀を描く。 というストーリなのだが、「これが近未来??」と感じ。微妙にディテールがチープでとってもB級映画の雰囲気満々だっ…

イン・ザ・カット

()レンタルで借りて見る。ピアノレッスンの監督と言うことでちょっと期待してみたのだが、つまんなかった。特に最後の真犯人が分かる箇所。端役だった人が最後に突然真犯人としてでてきて唖然とさせられる。あれはないんでないかい。それも含めて、それぞれ…

メン・イン・ブラック

()TV放映したので見る。映画としては評判ほどはおもしろいと思わなかった。でもアイデアとしてはおもしろいものがぽろりぽろり。銀河がペンダントやボールの中に入っているというアイデアはおもしろいね。

幕末マニアとしては、、、

テレビで壬生義士伝()を見る。「生きるために人を殺す」という吉村貫一郎と「死に場所を見つけるために人を殺す」という斉藤一の生き様を描いた作品。生きるためにと言った吉村が死に、死ぬためにという斉藤が明治の世まで生きるのはなんとも皮肉である。大…

蜘蛛2

スパイダーマン2()をDVDで見る。 当然3も出るんでしょうね。3ではおしりから糸が出るようにして欲しい。「プス〜、ぷっ、ぷっ、ぶっ!!あ、あ、あっ!!○が〜!!」

ハウル

「ハウルの動く城()」を見に行く。ホントはマイ・ボディガードを見に行ったんだけどちょうどいい時間のが無かったので、インクレディブルとどっちを見るか迷ったあげくハウルにする。冒頭は群衆シーンとか随分と手を抜いていて、大丈夫なんだろうか?と、思…

蜘蛛

東京事変を借りるときに「スパイダーマン2」の予告が目に付く。 スピード感があっておもしろそう。と、いうわけでとりあえず一作目()を借りてみる。ストーリや設定はつっこみどころ満載だが、娯楽ものとしてはかなり楽しめた。 「こんな風に飛び回りたい」…

いいかげんにしてほしいよね、ほんと

フェリーのミニシアターで「戦場のピアニスト」をみる。 ポーランド在住のユダヤ人がナチのユダヤ人狩りの中をなんとか生き延びる話。 主人公は色んな人に助けられて奇跡的に生き延びるけど、それまでには自分の周りのほとんどが理由もなく殺されてしまって…

美しさ

「隠し剣 鬼の爪()」を見る。 山田洋次はある時代劇雑誌(タイトルは忘れた)の対談で、「今までの日本の時代劇では一度も男が女に面と向かって告白するシーンは無かった、もちろんあの時代にそんな事があるはずも無いのだが、今回それをやってみた」という…