読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imash の日記

imash's blog

VIS2016初日

会議 可視化

可視化のトップ会議であるVISが今年も始まりました。ボルチモア、怖いから来たくはなかったのですが、トップ会議だから仕方がないのです。最初の二日間はワークショップとチュートリアル、続く4日間が本会議で、1週間可視化漬けになります。

VISはサイエンティフィック・ビジュアライゼーションに関する会議(SciVis)、情報可視化に関する会議(InfoVis)、ビジュアル・アナリシスに関する会議(VAST)のそれぞれの分野のトップ会議の集合体(VISという名前も3つの頭文字からとっています)で、可視化の分野ではまさしくトップ・オブ・トップの会議になります。昔はVisWeekと言っていました。

で、初日は以下のワークショップとチュートリアルをうろうろしていました。

  • LIVVIL: Logging Interactive Visualizations & Visualizing Interaction Logs
  • 2nd Workshop on Eye Tracking and Visualization (ETVIS)
  • Visualization Analysis and Design

LIVVILは単にログを可視化しましょうという話ではなく、LogVis(Logging Visualization)要するに可視化システムにおける操作などを記録していって活用しようという話と、VisLog(Visualizing Logs)そのログを解析する可視化システムをどのように構築するのかという二つの切り口から議論するワークショップでした。特に前半の話は今まで評価系の論文以外ではあまりなかった話でそれなりに新しいトピックかなと。ただ、何をどのようにログを取るのかという話が中心で、それで何をやりたいのか、というところがまだまだ不透明な感じです。ログからエキスパートと初心者の違いを解析するとかログを単に再生するとか以上の活用法がまだまだありそう。

ETVISはアイトラッキングを使った可視化の話で、トラッキングデータを可視化して解析する仕組み、可視化結果のユーザの分析にトラッキングを使うというあたりが中心。アイトラッキングを可視化のUIに使うという話はまだないのだろうか?

Visualization Analysis and Designはタマラさんの本のチュートリアル

Visualization Analysis and Design (AK Peters Visualization Series)

Visualization Analysis and Design (AK Peters Visualization Series)

 

 資料はタマラさんのページにあります。 Tamara Munzner: Talks

 

おまけ:

昼飯@Jimmy John's Sandwitches

f:id:imashimash:20161025175551p:plain

晩飯@Pratt Street ALE HOUSE

f:id:imashimash:20161025171757p:plainf:id:imashimash:20161025172000p:plainf:id:imashimash:20161025172047p:plain

 

 

UIST2016 最終日

会議 可視化

最近アイトラッキングがまた流行ってるよねと話していたのですが、Tobiiとか使わなくてもそこそこできるようになっていて、今日のAggreGazeは、さらにノイズが多い公共スペースで見ている状況をトラッキングするという研究。見た感じ複数人でもいけてる。この手の技術は可視化のインタフェースには絶対使えるよな。

f:id:imashimash:20161019225328p:plain

AggreGaze: Collective Estimation of Audience Attention on Public Displays - YouTube

 

クロージング基調講演の質疑応答でのひとこま。質問しようと挨拶するMIT石井先生に深澤さん、「いたの?」。

f:id:imashimash:20161019225759p:plain

 

UIST初参戦、あっという間の3日間でした。準備に関わったすべての人にありがとう。

f:id:imashimash:20161019224103p:plain

UIST2016 2日目

会議 可視化

昨日のZooidsを見ていた時に、こんなのできんでないか?って考えていたのが、まさしく今日のJOLEDでした。

JOLED: A mid-air display based on electrostatic rotation of levitated Janus objects - YouTube

磁力で小さなパーティクル群の空中での位置と向き(色が変わる)をコントロールするフィジカルディスプレイ技術。

f:id:imashimash:20161018232924p:plainf:id:imashimash:20161018233000p:plain

 

夜はバンケット
鏡開き

f:id:imashimash:20161018233155p:plainf:id:imashimash:20161018233214p:plain

UIST2016マス。記念に持って帰った。

f:id:imashimash:20161018233310p:plain

 

UIST2016初日

会議 可視化

ずーっと参加してみたかったUIST初参加です。初の日本開催で632人参加のレコード。


 

初日で印象に残ったのは、ベストペーパーにも選ばれてた、Zooids。

Zooids: Building Blocks for Swarm User Interfaces - YouTube

動画見れば一目瞭然。ヤバい。パリ南大のFekete先生のグループとかが絡んでいるらしく、可視化の応用例が結構なウリになっていた。

f:id:imashimash:20161017235811p:plainTUIとATOMSの中間領域としてSwarmUIがしばらくはやりそうな感じではある。(もっとも、UISTやCHIの論文はここ数年あまりきちんと追いかけてなかったので流行りがわかってないけど。)

デモセッションで一番感動したのは、東工大佐藤さんのMlioLight。ライトで照らした領域に別情報を表示するディスプレイ技術。(下の例ではライトで照らした範囲だけ内部構造が見えているはず。)これも可視化に使えそうな技術です。

f:id:imashimash:20161017235947p:plainf:id:imashimash:20161018000050p:plain

 

 

 

盆物最新作

映画

ボーン・シリーズ最新作のジェイソン・ボーンを見てきましたよ。前三作を一気見した後だと、さすがに飽きますね。もうボーンには守るものがないのですよね。3作目あたりからもうイマイチつまらなく思えてきてはいたのです。アクションもキャラもストーリーもマンネリです。

ボーン対007 とか ボーン対イーサン・ハント
くらいでないともう盛り上がれないかも。

#ホントはつまらなかったら書かなきゃいいのだけどね。

ボーン・シリーズ

映画

ボーン・シリーズ一気見記。

ボーン・アイデンティティー

ボーンシリーズ最新作が上映されているので、シリーズ第一作を見てみた。記憶を無くした男の話だけど、俺の記憶もなくなっていた。どうも見たのは間違えなさそうなのだが、断片的にしか覚えていない。これ、見たことあるよな?でも、こんなシーンあったっけ?の連続。多分飛行機の中で見て、半分くらい寝ながら見ていたのだろう。

ボーン・スプレマシー

続いて、ボーンシリーズ2作目、ボーン・スプレマシーを見る。なーにがスプレマシだよ、なんの増し増しだよ、とか思って、見始めたのだが、これも、ところどころ見覚えが・・・うっすら見覚えはあるのだが、次の展開が全く思い出せない。映画を何度見ても新鮮な気持ちで味わえるってステキ!!

頼むから俺の脳みそ増し増ししてくれ。

ボーン・アルティメイタム

続けて、ボーン・シリーズ3作目。これは、全く見た記憶がない。。。のだけど、逆に不安になる。もしかして、見てたのに全く記憶から消えているのか。

最新作「ジェイソン・ボーン」に見覚えがあったら病院に行った方がいいかも。

P.S.
ツイッターのTL上に、ボーン・コレクターをボーン・シリーズだと思ってみたらマット・デイモンじゃなくてデンゼル・ワシントンが出てきたと言ってる人がいて、みんないろいろと病んでる。 

EIGHT DAYS A WEEK

映画

先日、映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』を見た。

ビートルズの存在は、音楽的に新しいかどうかはもはやどうでもよくて、その存在、行動、発言が事件であり歴史だったということがよくわかる。人種差別の残る場所での公演はしないとして会場での差別を撤廃させる件とか、史上初のスタジアムでの公演、とかとか。

映画は、ビートルズがライブ活動をどのように行い、止めていったのかを丁寧にまとめている。改めて見ると、ビートルズのライブはとにかく上手い。特にポールのベース、リンゴのドラム、そしてコーラス。シェア・スタジアムの公演とか、当時の音響設備では5万人の観客の奇声に対抗できようはずもなく、自分たちが演奏している音すら聞こえなかったという話であるが、繰り返すが、上手い。映画終了後に特典映像として、シェア・スタジアムでの30分のライブ映像が見れたが、最初から最後まで最高である。特に最後のジョンのキレキレのキーボード演奏とか。この特典映像を見れただけでも見に行ったかいがあった。

しかし、武道館での演奏はテンション低かったなー。

監督はロン・ハワード